激戦区渋谷で繁盛サロンを「0」から創った現役オーナーが教える経営術

サロン経営モチベーションの上げ方

友だち追加

こんにちは

エステサロンのための集客力×売上アップの専門家の伊藤朋美です。

サロンオーナーのモチベーションの維持は難しい

 

サロン経営は、ゴールがなくモチベーションを保つのが日々本当にしんどいもの。

施術に関しては、皆さん技術者でもあるのでお客様に入ってしまえば、自然とやる気がおきますよね。

ただ、問題は経営の方。

集客活動や、顧客管理、新しいポップ作成に、経費、売上分析などなど。

やることありすぎて、考えただけでぐったり。。。

私も、正直モチベーションの高さは本当に日によります。

朝のお天気によってもちがうのでは!?と思うほど(^^;

晴れた日は、若干「さーっやるぞ!」とモチベーションが高い気がします。
(写真のお天気のような日)

やらなければいけない状況を作る

だいたい人間、おいこまれないと動かないもの。

だから私の場合、やる気のある時に先に、

「おいこむ仕掛けだけ」

してしまうのです。

例えば、

「10月1日から、新メニュー導入します!60分9800円で体験受付!」

と、募集をしてしまい、どうしても10月1日からやらなければいけない状態にしてしまう。

そして、実際にお客様の予約も入ってくるわけですから、色々と具体的に決めたり、練習に励んだり必死にしだします。

間に合わせるために、モチベーションをあげざるを得ないわけです。

先に、「できます!」とか「やります!」
と、【宣言してから間に合うように取り組んでいく】というわけです。

そうして、実際始まってしまえば波にのってきて、やるうちにだんだんとモチベーションも上がってくるわけです。

めんどくさいなぁ。とか不安だな。と思っていると中々動けず先に進めません。

だから私は最初に、やることを宣言して期限をきめてから、詳細を作り込んで、その過程で、モチベーションをあげていきます。

これが、私のモチベーションの上げ方です。

↓↓伊藤朋美とお友達になる↓↓

友だち追加