激戦区渋谷で繁盛サロンを「0」から創った現役オーナーが教える経営術

突然の予約キャンセル!売上減を防ぐ方法

友だち追加

こんにちは

エステサロンのための集客力×売上アップの専門家の伊藤朋美です。

小さなサロンの死活問題「当日キャンセル」

 

サロンを経営していると、必ずと言っていいほど抱える問題の1つ。

予約のキャンセル、変更問題。

特に、小さなサロンの場合は、1日に施術できる人数も決まっているので、突然のキャンセルが増えてしまうと、その日の売り上げが、なくなってしまう。なんてことさえあります。

さらに、繁忙期など同じ日をご希望していた何名ものお客様のご予約を、断っていることもあります。

他のお客様にも迷惑がかかってしまうのは、本当にもどかしい。

私のサロンのキャンセル防止法

 

このキャンセル変更に対する、当店の対策は、新規の方と既存の方へと少しだけ違います。

【新規のお客様の場合】

⚫︎予約時に必ずお電話番号を聞くこと

⚫︎ホームページ、ホットペッパーなどの予約サイトに新規のご予約時のキャンセルポリシーをきちんと記載をすること
(ご来店のないキャンセルは、コース料金の50%いただきます。など)

実際、新規のお客様の場合はご来店がないのに、振り込みや次回にお支払いをいただけることはありませんが、明確に記載をすることで、何度も予約をして、キャンセルを繰り返すようなお客様を減らせる事は、できると思います。

【既存のお客様】

はじめて次回のご予約をいただく際に、

「予約の変更キャンセルは、前日のお昼の12時までとなっています。
それ以降は、回数券は1回分の消化またはそれ以外のお客様は、2000円のキャンセル料がかかってしまいますので、お早めにご連絡をください。」

とお伝えしています。

同時に、それが記載されている紙をお渡しします。

そして、「お伝えした」と言う事実をカルテにもしっかり、記載します。

実際に、変更キャンセルのご連絡をいただいた場合は、この内容をお伝えしますし、お客様も理解していただいているので自分からおっしゃってくれる方も多いです。

そんなに、大手サロンみたいに厳しくしなくても。。。と、思うところかもしれませんが、小さなサロンだからこそ、予約可能数に限りがあるので、しっかりと事前にお伝えするべきことだと思います。

気持ちのいいサロン経営をするために

 

大事なのは、

「キャンセル料をいただく事やコースの消化」

が目的ではなく、

「キャンセルや変更を突然する人が減る事」

が目的です。

それを減らすために、しっかりと事前にお伝えをして他のお客様、スタッフ、お店のために気持ちのいいサロン経営をしていきたいですね!

 

↓↓伊藤朋美とお友達になる↓↓

友だち追加