激戦区渋谷で繁盛サロンを「0」から創った現役オーナーが教える経営術

サロンオーナーのオーバーワークの見極め方

友だち追加

こんにちは

エステサロンのための集客力×売上アップの専門家の伊藤朋美です。
ルナボーテ施術

サロンオーナーはオーバーワークになりがち

皆様、お休みは取れていますか?

サロンオーナーって、技術者であり経営者でもあるので、完全なお休みをとるのって難しいですよね。

私も、開業してからの約5年間。年に10日、休んだか休んでないか?だったと思います。

オープンして1、2年は年末年始も営業していましたし、営業時間も23時までやっていました。

まさに根性で走ってきました。。。

小さな子供もいましたが、子供と夜過ごしたことほとんどなかったですし、土日も仕事をしていました。(母に見てもらったり、主人がみていました)

なので、いつも心は

「子供と過ごしたいな。」

という満たされない想いと、ストレスがあったように思います。

私のオーバーワークの見極め方

私は、昔からオーバーワーク気味で、商社時代は、一週間ほとんど寝てなくて気づいたら同じ服を3~4日着ていることもあったくらいでした。

でも、一度も体を壊したことはありません!(^^;)

体育会系なのと、精神力もわりと強いこともあり・・・・

でもそれは、今思うと、自分で自分の限界の基準を客観的に判断できるようにしていたからかもしれません。

経営者って、仕事をセーブできるのは結局自分自身なんですよね。

昔、新卒の頃尊敬している先輩に

「○○さんが、仕事しすぎだな。と判断するのはどんな時ですか?」

聞いたことがありました。

その時に、

「仕事以外の友達に会えていないときに、仕事ちょっと抑えよう!と。と判断しているよ。」

と、教えてもらいました。

自分で自分の体をコントロールできるようにしていかなきゃいけないんですよね。

だから私は今も、

「仕事以外の人との「時間」が取れていない時」

は、仕事を少しセーブするようにしています。

経営者は、お店を何とかしたい!という思いが強いからこそ無理をしすぎてしまいます。

でも、身体あってこそなので自分をコントロールするできる、「働きすぎ」の基準も見つけてみてください。

いくつになっても元気に、幸せにサロン経営をしていきたいですよね!

また、明日もがんばりましょうね!

↓↓伊藤朋美とお友達になる↓↓

友だち追加