激戦区渋谷で繁盛サロンを「0」から創った現役オーナーが教える経営術

来店時間ごとに集客ツールを使い分ける!

友だち追加

こんにちは

エステサロンのための集客力×売上アップの専門家の伊藤朋美です。


広告を掲載する時に、集客できるお客様の年齢層についてけっこう気になりますよね。

単価にも関わってくるので、非常に気になります。

集客アプリミニモは、10代後半から20代前半の女子大生が特に多い。と、言われてます。

うちのサロンでも、実際20代前半の大学生から社会人1~2年目のお客様が多いです。

東京在住の4人に1人が、(20代前半)ミニモを利用しているそうです。

ホットペッパーが20代後半~オズモール、楽天、ルクサなどが、30代後半~50代。

というイメージなので、カバーできていない10代後半~20代前半をしっかりカバーできる点も、ミニモのいいなぁと思う点です。

(あくまで、広告により集客のお話です。インスタなどは別です)

また、もう1点メリットがあって来店する時間帯が、世代によってバラバラなので、埋まらなかった時間帯が埋まってくれるようになったのです。(うちのサロンの場合は、平日2時から16時くらい)

ただ、

「若いと、単価低くくない?」

と、思うオーナーさんが多いと思います。

でも全然、そんなことがないんです‼️

この点も、対策がしっかりとれていたら問題なし‼️

うちのサロンにとっては、午後イチの時間から、夕方前の時間が埋まってくれるので、とってもありがたかったです😆

色々の集客方法を合わせて、全ての時間帯をカバーするのもより多くのお客様を集客するには必要だと思います。

↓↓伊藤朋美とお友達になる↓↓

友だち追加