激戦区渋谷で繁盛サロンを「0」から創った現役オーナーが教える経営術

予約が増える!一瞬で心を動かすキャッチコピー

友だち追加

こんにちは。

エステサロンのための集客力×売上アップの専門家の伊藤朋美です。

集客にも重要な、「お客様に選んでもらえるキャッチコピー」

〝売れるキャッチコピー〟って、自分で考えようとすると中々難しいですよね。

私も集客クーポンや、店内POP、SNSの発信においても作らなければいけない場面は多くて、

「どーしよう。。。」

と、悩むことがよくあります。

いざ作ろうとすると、結局他のお店と同じようなものになってしまう・・・

・期間限定!
・駅から徒歩〇分
・最大〇%OFF!

とか(^^;)

これ、私も困った時に使ってしまうのですがお客さんからは、どこも同じサロンに見えてますし、最後はお客様は、どこも同じに見えるから値段で選んでしまう。ということになりがちです。

でも、その中から「行ってみたい!」と様に選んでもらえるキャッチコピーを考えるということは集客を増やすうえでは、とても重要なところ。

キャッチコピーは13文字がおススメ

一般的に言われているのが、人が一瞬で識別出来る文字数は、9~13文字のようで、その最大値、13文字で、表現するようになったようです。

一番分かりやすいのがYahoo!ニュースの見出し。

Yahoo!ニュースの見出しは、13文字以内で統一されているそう。

ちなみに、本日のYahoo!ニュース見出しも13文字でした。

【菅内閣歴代でも支持率高い訳】

すごい!

このくらいが、一番見やすいということですよね。

長すぎると、伝わりづらいし、頭に入ってもこないものです。

伝えたい文章をいかにシンプルに、分かりやすく、パッと見で誰もが分かりやすいモノにしないといけないといこと。

SNSの発信や、クーポン名、ホットペッパー、ミニモでも見出しは、13文字を意識してキャッチコピーを作ってみてください。

ちなみに、キャッチコピーネタ切れしそうになると私は、本にも頼ります。

「バカ売れキーワード1000」

は、よく使いました。

他にも似たような本は、あると思うのでこの辺も活用できるといいと思います!

↓↓伊藤朋美とお友達になる↓↓

友だち追加