激戦区渋谷で繁盛サロンを「0」から創った現役オーナーが教える経営術

何が何でもサロン経営を成功させる思い、ありますか?

友だち追加

こんにちは

エステサロンのための集客力×売上アップの専門家の伊藤朋美です。

今日のブログは、辛口ブログ。

落ち込みそうなマインド状態のサロンオーナーさんは、読まないようにしてください。笑

もう1年ほど前の話ですが、

「集客できない」

と、お一人でやっている個人サロンのオーナーさんからご相談をいただきました。

そのオーナーさんは、元々勤めていたサロンからお客様を連れてきて半年は、何とか売上を作ってきたけど、段々とそれだけでは売上が厳しく新規集客をしたいそう。

 

私「ホットペッパーやってますか?」

オーナーさん「やってません。広告費かかるので」

私「そうですよね、じゃあ、ミニモはどうですか?」

オーナーさん「安売りイメージで、載せてません。」

私「ミニモも今は、普通にサロンを探しているお客様が沢山いて・・・」

と、私はそこからミニモの説明をきちんとしました。
(決してミニモのまわしもんでは、ありませんよ。)

が、ひとこと

オーナーさん「サロンのイメージと違うので載せたくありませんね。」

私「え?…」

イメージ?とは?

もちろん、イメージも大事ですが…

その前にあの手この手で一人でも多くのお客様を集客するべきでは?!

 

私は、お金が莫大にかかる広告話ならよく考えるべきだと思いますが、ミニモは掲載してもほとんどリスクはありません。

 

今回は、たまたまミニモのお話ですが、あれこれ理由をつけて集客活動の好き嫌いや思い込みで、取り組まない、やらない。というサロンオーナーさんとは正直、一緒にお仕事ができないと思ってます。

 

と、いうか自分のこだわりを貫く方が大事で、必死さがないように、私には感じられたのです。

そして、同時に同じサロン経営者としてとても残念な思いになります。

 

経営者なら、

「何が何でも、一人でも、多くのお客様に来店してもらいたい!」

という思いを持ってほしい。そう思って集客活動だってやってほしいんです。

後日、このオーナーさんにはコンサルサポートのご依頼はお断りしました。

決めつけや間違ったこだわりは一旦捨てて、とにかく正しい行動を全力でがんばってほしい。

サロンを軌道を載せるのは、簡単ではありません。

 

私もオープン当時は色々な決めつけで、長い間売上がつくれませんでした。

でも、思い込みを捨てて少し先に上手くいってる人から学び、全力で取り組んだら圧倒的に早く結果がでました。

 

いつまでも集客で悩みたくないなら、何でもやってやる!絶対サロン経営を成功させるんだ!そんな熱く、強い思いをもってほしい。

また、その思いは様々なサロン経営の問題に直面した時にも、長くサロン経営を続けるために、きっと大きな力になります。

↓↓伊藤朋美とお友達になる↓↓

友だち追加