激戦区渋谷で繁盛サロンを「0」から創った現役オーナーが教える経営術

サロン集客でTikTokは使えるか?問題

友だち追加

こんにちは

エステサロンのための集客力×売上アップの専門家の伊藤朋美です。

みなさん、TikTok使ってますか?

インスタでも、リール動画だけのアカウントも増えてきたり、世の中の流れが動画になってきてる!と随分前から感じていた私なのですが、どうも年々新しいことに取り組むのが億劫になってました…

が!!渋谷という土地でエステサロンを経営し続けるには、流行りのSNS集客を学び続けなければ。

と、気合いを入れなおし最近勉強していることがあります。「TikTok」です。

今日は、私が最近学んだことをみなさんにも共有したいな。と思って書いています。

TikTokって年齢層が若すぎない?

「使っている年齢層が若くて、まだやらなくてもいいんじゃない?」

私も、こんな風に思っていました。

でも実際は、TikTokの平均年齢は34歳だそう。

また使っている方の所得も、フェイスブックの次に高いそうです。
(フェイスブックは、経営者で活用している人が多いので所得は高くなりますよね)

と、いうことはインスタと使っている世代は変わらないのに、所得の高い方たちが早くも取り組んでいる。使っている。ということ。

フォロワー0でも、200人に見てもらえる!?

インスタグラムは、ある程度のフォロワーがいないと中々結果につながりません。

ゆえにどうしても、フォローやいいねなど自分からのアプローチが、必要にはなります。

でも、TikTokはフォロワー0の新しいアカウントでも、200人くらいにまずは見てもらえるような仕組みになっているそうです。

これ、すごいですよね!

しかも、その200人が「いいね」してくれると更に1,000人に見てもらえるような仕組みになっているそう。

私は、この部分がTikTokがバズりやすい理由なんだな~と思いました。(サロン集客は、バズらせることが目的ではありませんが(^^;))

どうやってはじめたらいいの?

私なりに始め方を考えてみました。

①やっぱり最初は、リサーチ!!
フォロワーの多い人はどんな人か、その中でもどんな投稿が人気があるのか。

②台本をつくる
テンポがはやくて、のんびり「あの~」とか言っていると飛ばされる(笑)らしいので、
台本は大事ですよね。どんなユーチューバーでも作っている方多いらしいです。

③テロップは上に入れる
下の方にいれると、構造上切れそうです。

④動画作成のアプリは「CapCut」
TikTokの運営会社が出している動画編集アプリ。
以前から私は、活用していたのですが無料レベルじゃないくらい使いやすいです。
これを、活用するのがよさそう。

⑤週に3回まずは、1万フォロワーを目指す
フォロワーが1000人以下のうちは、まずは1万を目指す

⑥時事ネタも活用

まずは、自分が普段が使ってみることも大事です。

私自身はTikTokには、はまらない。と思っていたのですが、今はインスタより見てる時間がかなり長い…。使えば使うほど、よさがわかりますね。本当に。

結論 サロン集客に使えるか?

使えると思います!!

でもここでもやはり、専門性が大事。そして、個人サロンのオーナーさんの方が有利な気がします。オーナーさんの強みを活かせて発信すればいいと思うからです。

「エイジングケアが得意なエステティシャンが教える●●美容法」とか

「●●キロダイエットに成功した現役エステティシャンが教えるダイエット法」など。

専門性を活かしてインスタライブやリールで使っているものを加工してやってみるといいと思います。

私は、サロン経営を長くずっと続けたい。そう思うからこそ、これからもどんどん新しい集客法を積極的に学んでいきたいと思ってます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

↓↓伊藤朋美とお友達になる↓↓

友だち追加